知識がなくても入社してから学べる機会がたくさんあります。

2016年入社 / 仲間 優稀

INTERVIEW

仕事内容について

Q:普段の仕事内容について教えてください。A:入社して3年目になります。現在は渋谷店のストアマネージャーとして日中は接客をメインに、来店客の少ない時間帯には直近や前年の販売データを見ながら売り場のレイアウトを変えたりしています。他にも店舗の売上や客数データなどの週報や月報といった報告書の作成、売れ筋商品の在庫を切らさないように毎日こまめにチェックするといった在庫コントロールも行っています。

Q:仕事としてやりがいを感じるのは、どんなときですか?A:一番やりがいを感じるのはやはりお客様に喜んでいただけた時ですね。アウトドアだったり、野外フェスだったり、普段の生活用だったりと、お客様ごとのニーズに合わせて商品を提案したり、一緒にコーディネートを考えたりするなかでお客様に喜んでもらえると本当にうれしいですね。「ありがとう!また来るね」と声をかけていただいたときには心の中でガッツポーズをしています。

Q:仕事の中で大変だと思うことは何ですか?また、どうやって乗り越えますか?A:販売業ですので、売上に関しては常に考えています。日々の売上をどうやって確保していくかを考えるのは入社して3年経った今でも簡単なことではありません。まだ経験の少なかったスタッフ時代は、思い悩むことがあったらすぐ同じ店舗の上司に相談するようにしていました。上司はしっかり私や店舗の状況を見てくれて的確なアドバイスをしてくれましたので、非常に心強かったです。今でも悩むことがあれば、とにかくひとりで抱え込まないで上司や周囲のスタッフ、時には後輩にも率直に相談するようにしています。

働くメリット

Q:コロンビアスポーツで働いていて感じる魅力はなんですか?A:一般的なアパレル販売の接客というと「お客様を褒めないといけない」「マニュアル通りにしないといけない」という印象が強いかもしれませんが、この会社では「自然体の接客」ができるところが魅力ですね。ときにはお客様との雑談が商品の提案につながることもあります。幅広い年齢層のお客様と堅苦しくない接客コミュニケーションができる点も楽しく仕事ができる要因だと思います。

Q:仕事を通じて自分が「変わった」と感じるところを教えてください。A:自分自身で考えるという点です。今まではわからないことがあったら、すぐ周りに助けを求めていたのですが、仕事を始めてからは、まずは一度自分で考えてみるようになりました。この会社は「スタッフの主体性を大事にする」社風で、個々の考えを尊重してくれるので自分でやってみようというモチベーションが自然と持てるようになりました。

Q:入社時と現在で環境や心境が変化したことは何ですか?A:入社して最初に配属されたのは東京都昭島市にある昭島アウトドアヴィレッジ店でしたが、その後渋谷店に異動するとガラリと客層が変わりました。昭島アウトドアヴィレッジ店ではアウトドア目的のお客様が多かったのに対し、渋谷店にはアーバンスタイルのファッション性を求めるお客様が多く来店されます。そのために私たちも機能性をお客様に説明しつつ、アウトドアミックス、スポーツミックスのトレンドファッションもご案内できるように心がけています。

職場について

Q:職場の環境や雰囲気を教えてください。A:私がいる渋谷店は比較的若い世代のスタッフが中心です。閉店後にはスタッフ同士でご飯に行ったり、スタッフの異動があるときには歓送迎会をしたりと仲良く和気あいあいとしています。先輩や上司もさり気なく声をかけてくれます。わかりやすく的確にアドバイスをしてくれるので、悩んでいるときやうまくいかないときなどは勇気づけられることも多いです。そういった先輩や上司に支えられて今の私があると思うので、私もスタッフに対してそんな存在でありたいと思っています。

Q:職場にはどのような研修があるのですか?具体的なエピソードなどがあれば教えてください。A:コロンビアはアウトドアブランドですので、アウトドアに関する専門知識がないと働けないのではと思う方もいると思いますが、そんなことはありません。
入社後に商品知識に関する研修や登山研修などもあり、実際に体験しながら知識を習得することができます。他にも、会社が主催、協賛するイベントにサポートとして参加するなど、自分自身も楽しみながら製品テストを行ったり、実際のユーザーの声に触れる機会もあります。
入社時に知識や経験がなくても、アウトドアが好きという気持ちやファッションに対する興味があれば、すぐコロンビアの魅力が理解できると思いますよ。

今後の目標など

Q:現状の目標、または将来的な目標を教えてください。A:私はみんなを引っ張るリーダーというよりも、どちらかといえばサポートに回るタイプで、店長に抜擢された時も「私に務まるのだろうか」と不安でした。
でも上司からの「周りをよく見てフォローができる店長がいたっていいと思う」という一言がきっかけとなり「私らしいやり方でがんばろう」という自信に繋がりました。
今の目標は、店長としての役割はしっかり果たしつつ、周りをよく見てスタッフが困ったときには、素早く的確にフォローができるような私なりの理想の店長になることです。

Q:この職場はどういった人が向いていると思いますか?A:人と話すことが好きな人が向いていると思います。この会社はオープンで親しみやすい環境ですので、コミュニケーションが好きな人であれば楽しく働けますよ。
アウトドアに関してそこまでの知識がなくても入社してから学べる機会もたくさんありますので、チャレンジしてみたいと考えている方がいれば、ぜひ一緒にお仕事ができればと思っています。

他のインタビューを読む

PAGE TOP